ホームシアターのある注文住宅

音響にこだわりを持った設計にできる

自宅で迫力のある映像や音楽を楽しむために、ホームシアターのある住宅を設計しようか迷っている方々に最適なのが、壁の材質まで自由に決められる注文住宅です。防音性を意識した部屋にホームシアターを設置しなければ、大音量で映画を再生しているだけで近隣の住民や家族に迷惑をかけてしまいます。注文住宅なら壁や床などの材質まで指定できて、音が響きにくいシアタールームを作ってホームシアターを設置できます。プロジェクターやスピーカーを設置するためのコストなども含めて、見積もりを依頼できる住宅メーカーも珍しくありません。防音ダクトを介して吸気や排気を行うなど、シアタールームの音漏れを減らすコツを学びながら注文住宅のデザインを決めてください。

配線の扱いにこだわった住宅を目指せる

見た目が美しいホームシアターを作りたい方々にも注文住宅は合っていて、壁の内側や床下にケーブルを通せる設計にすることで、配線が邪魔に感じない部屋を作れます。スピーカーやプロジェクターなど多くの機器を設置する必要があるホームシアターは、足元がケーブルだらけになって誰かが足を引っかけて転んでしまうことも珍しくありません。壁の内側などにケーブルを通せる部屋にしておくことで、見た目が美しくなるだけでなく転倒事故も防止できます。ケーブルを壁や床に隠すことで部屋の掃除が楽になり、清潔感を保ちやすいのも配線の扱いにこだわったシアタールームを作る利点です。設置するホームシアターの機器に合わせて、配線の位置を工夫したいといった悩みも住宅メーカーに相談できます。

一戸建てとは一戸ごとに独立した住宅のことを意味します。夫婦や親子などの一世帯が暮らすことが通常です。