生活や家事動線にこだわった注文住宅の家づくりのコツ

キッチンを中心に家事動線を考える

注文住宅を建築する際にはインテリアの美しさだけでなく、家事動線も考えたデザインにしなければ家事の負担が増してしまいます。特に気を付けたいのがキッチンとランドリースペースの位置で、この二つの距離が遠いと洗濯物を干したりキッチンで調理をしているだけで、長距離を移動することになりかねません。家事動線はキッチンを中心に設計することで、朝食の準備をしている最中に洗濯機を動かしたり、洗濯物を干す作業もスムーズに行えます。キッチンで家事をしている時のシミュレーションをしてから、注文住宅のデザインを考えることで理想的な家事動線が思い浮かびます。冷蔵庫のドアの向きを考えて奥ことも重要で、家族の誰かが冷蔵庫のドアを開けているだけで、動線の邪魔にならないか確かめてください。

洗濯の負担を減らすことを意識する

家事動線を改善することを意識せずに注文住宅のデザインを決めると、洗濯物を干そうとするだけで多くの体力を使うことになり家族の負担も増します。水で濡れた衣類は重たいので、洗濯機と物干し場の位置が離れていると洗濯物を持ち歩いているだけで疲れてしまいます。洗濯物を持ったまま廊下を移動する必要がある家事動線を作ると、廊下で家族とすれ違うだけで空間が狭いと感じることになりかねません。注文住宅を建築する際には洗濯機と物干し場の距離が近くなるように、家事動線の作り方を工夫することを意識してください。物干し場は高いところにある方がいいと考えて2階や3階に物干し場を作ると、横だけでなく縦の動きも増えます。家事動線はできるだけシンプルな構造になるように意識して、家事の負担を減らしてください。

分譲住宅は、分譲地に建てられた住宅のことを言います。街並みを形成する目的で建てられるので、デザインコンセプトが同じ住宅が並びます。